人事と給与の重要性|今すぐ導入したいワークフローシステム|進むIT化の波を乗りこなせ
レディ

今すぐ導入したいワークフローシステム|進むIT化の波を乗りこなせ

人事と給与の重要性

男の人

会社の経営において、社員は人的資産として会社の重要な経営資源です。社員は、生計を立てる必要がありますので、どうせ働くのであれば、より高い給与を払ってくれる会社に移りたいと考えます。高い給与を払って社員のモチベーションアップにつなげたいところですが、人件費には限りがあります。また、信賞必罰という言葉がありますが、高い処理能力があって、著しい業績を挙げている人には、人事で処遇しなければなりませんが、人事のポストにも限りがあります。労働に対する対償としての給与は保証しつつ、業績がいい人は、より高いポジションにつけて処遇することが、人事給与制度として求められます。人事給与制度で問題になるのは、業績を評価する基準です。

社員の大半は自分なりにがんばったと考えていますので、人事異動の時には昇進を期待しますし、ボーナス時には査定がいいことを期待します。この昇進や査定によりボーナスに差をつけるためには、社員を順位付けしなければ、差をつけることができません。このため、順位付けに必要な業績評価や人事査定についての、明確な基準の策定が必要となります。職種の違いなども考慮され、具体的な基準に基づいて業績評価が行われないと、社員の側は会社に対して不信感を抱いてしまいます。忠誠心の低下のみならず、最悪の場合は離職につながり、優秀な人材が社外に流出する事態を招きかねません。その意味で、人事給与制度が会社の人事の基本となり、適正な人事給与の評価基準の確立が求められます。