人事管理のIT化|今すぐ導入したいワークフローシステム|進むIT化の波を乗りこなせ
レディ

今すぐ導入したいワークフローシステム|進むIT化の波を乗りこなせ

人事管理のIT化

婦人

人事管理IT化の先行例

人事部門の業務も多種多様にわたりますが、最終的な目的は、適材適所の方針に基づき社員を配置し、組織の活性化と会社の発展に貢献することにあります。人事部門の業務は、効果的な社員の配置など、戦略的な内容に関わり、その支援は間接的なものですので、人事業務の効率化が重要です。人事業務の効率化に資するツールとして、人事管理システムがあります。人事管理システムの根幹は人事データで、このデータを管理し、活用することにあります。人事データには、社員の経歴、身につけているスキル、能力、経験、給与支払い履歴など多岐に渡る内容が含まれています。給与計算や勤怠管理、入退社管理などをはじめとする定型業務については、給与計算システムがあります。現段階においては、給与計算システムの導入が先行しており、業務効率化や経費削減に貢献しています。

人事管理へのITの活用

給与計算システムと人事データを連携させ、総合的な人事管理システムを構築することが考えられます。これにより、人事管理を効率化するだけでなく、人事戦略の策定に利用できる可能性が広がります。勤怠システムにより、給与計算を行いますが、この勤怠情報を基に各部署の原価計算を行うことができます。すなわち、ミッションとされる業務を達成するために、どの程度の時間を要したかを数値化できます。これを基に、各部署への配置人員数の適正化を図ることができます。また、各種研修、資格取得の状況などの情報を加えたり、さらに人事考査の内容を付加することで総合的な人事管理システムを構築することができます。これにより、人的資源の適正配置やプロジェクトに必要な人材の選抜資料、人材開発などにより、戦略的な人事業務を行うことができます。