給与計算の外注|今すぐ導入したいワークフローシステム|進むIT化の波を乗りこなせ
レディ

今すぐ導入したいワークフローシステム|進むIT化の波を乗りこなせ

給与計算の外注

背広の老人

給与計算外注の背景

給与計算業務は、社内規程に基づき計算をするものですので、誰が担当しても同じ結果を出すことが目的の作業です。また、給与計算業務は会社の運営基盤を支える重要な業務ではありますが、会社の業績を向上させるための創造的な仕事ではありません。作業レベルの仕事に、採用した貴重な社員を投入することは、人的資源の有効利用と言えない部分もあります。しかし、給与計算には社員の情報など個人情報も含め、会社にとって重要な情報が入っています。このため、人事関連の業務は社内で行うという企業が大半を占めていました。しかし、バブル崩壊後、景気の低迷とグローバル化による国際的な企業間競争が激化を背景に業務の効率化が急務となり、給与計算アウトソーシングの導入が始まりました。会社の業績を向上させるためには、給与計算アウトソーシングにかかる経費を負担してでも、給与計算業務を切り離した方が得策であるとの判断です。

給与計算外注の利点

給与計算アウトソーシングを導入することによって、貴重な人的資源である社員を単なる作業から、会社の業績アップに貢献する本来業務に振り向けることが可能となります。給与計算には、労働関係法規にも精通していなければなりませんので、後任の人材育成も必要ですが、その問題からも解放されます。給与計算アウトソーシングにおいては、毎月の給与計算に加えて、年末調整、それに付随する一連の事務業務全般を委託することができます。給与計算をアウトソーシングすることにより、給与計算担当者の人件費の他に、自前の給与計算システムの開発、維持、運用、保守にかかる費用を削減することができます。また、労務関係法規や社会保険制度の改正に伴う給与計算システムのプログラム修正という煩雑な作業も外部委託することができます。