メンズ

今すぐ導入したいワークフローシステム|進むIT化の波を乗りこなせ

人事と給与の重要性

男の人

社員は、会社の経営基盤にとって重要な人的資産です。社員のモチベーションアップは業績アップにつながりますが、そのためには人事給与制度が確立されていなければなりません。さらに、業績評価を公正に行う評価基準の確立も不可欠です。

詳しく読む

内部統制の強化

ウーマン

業務改善による恩恵

ワークフローシステムの導入によって得られる効果については、様々なものがあります。その中でも大きな成果となるものの一つが内部統制の強化という点でしょう。内部統制と言ってもその内容は曖昧で幅の広いものですが、具体的なものを上げるとすれば、IT化への対応強化やな業務処理の統制といったものがあります。業務処理の統制というのは、ある業務に対する申請から承認、そして結果の記録といった一連の実行過程を、ITシステムのプロセスの中に組み込む形で処理を行うことを言います。システム化することによって、ワークフロー上の作業をデータ化して管理することができ、無駄な処理等の課題を見つけて改善することが容易に実現できるようになるわけです。

システムの導入

ワークフローシステムの導入については、中小企業においても次々と進められてきています。これは新しくクラウド型サービスが登場してきたことが大きく関係しています。以前は、ワークフローシステムを採用する場合、新規システムの開発やソリューションパッケージの購入が必要となることから、初期コストがそれなりに大きな負担となるのが普通でした。しかし、クラウド型サービスが登場して以降は、初期に必要となるコストが大きく削減できるようになり、テスト的にお試し導入するといったことも難しくなくなってきています。テスト導入してみて、もし使い勝手がよければ、それをそのまま本番へ引き継ぐことができるという手軽さから、クラウド型サービスで提供されているワークフローシステムが多くの中小企業に導入されるようになってきました。進むIT化の波を乗りこなしましょう。

給与計算の外注

背広の老人

グローバル化の進展や経済状況の影響による業績低迷により、会社が業務の効率化を迫られています。限られた人的資源を有効に使うために業務の外注化が進んでいます。その一つに給与計算アウトソーシングがあります。

詳しく読む

人事管理のIT化

婦人

人事管理システムに関しては、現在給与計算システムが先行しています。これに、人事データを組み合わせて人事管理システムを構築し、組織改革や適材適所の考え方に基づく人材配置の実現に資することが今後必要とされます。

詳しく読む